スポンサーサイト

2017.03.09 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

つくば市の成人式で一部の若者が暴れて逮捕。

2017.01.10 Tuesday



今日、茨城県のつくば市で成人式が開催されたらしいですが、一部の若者が暴れて壇上にのぼろうとしたところを取り押さえられて、公務執行妨害の罪で逮捕されたようです。
毎年のように、このような事案が発生し、逮捕される若者が現れますが、愚かな人間が世の中には常に存在するのだなと思います。

彼ら愚かな若者は、成人式で暴れた結果、逮捕されるということが毎年報道されていることを知らないのだろうかと不思議に思ってしまいます。
このような不祥事を起こせば、すぐにインターネット上で顔写真や実名が出回ってしまいますから、一生汚名を背負いながら生きていかなければいけません。

かつて約20年前に、香川県高松市の成人式で、当時の新成人数名が暴れてマスコミに大きく取り上げられたことがありました。
このとき暴れた若者は、10年以上にわたってマスコミから追い掛け回されてプライバシーを晒され続けました。
成人式で暴れるということは、生き恥をさらして生きていかねばならないという意味もあるのです。

それでも毎年のように成人式で暴れる若者が出現するということは、明らかに、日本人の1%から0.1%程度の割合で著しく知能水準の低い人間が存在するということを意味していると思います。
このような人間には選挙権を与える必要はありません。
彼らを政治に参加させるべきではありません。
そう思います。

スポンサーサイト

2017.03.09 Thursday